カードローンの正しい利用の仕方とは

カードローンの使い方は人それぞれです。

ほしい服があるから、それを買うために借りるという人もいますし、旅行に行きたいから何万円か借りたいという人もいるでしょう。また中には、急に入院しなければならなくなったから、そのための費用を確保したいという人もいますし、生活費が今月はあまりないから、少しだけ借りて、後で月々返済したいということもあるでしょう。

しかし、場合によってはカードローンを利用できないということもあります。

それはギャンブルです。これは銀行、消費者金融を問わず、ギャンブル目的のカードローンはまず断られます。

本来カードローンというのは、返済を前提として融資をしてもらうものですが、ギャンブルは一度に使う金額が大きく、そのため返済がしにくくなり、貸す側としてもリスクが大きくなるためです。

また元々ギャンブルは、自分の手持ちのお金で工夫してやるものであり、わざわざ借金してまでやるものではありません。もしギャンブル目的に使ってしまい、返済できずに債務整理をすることになった場合、ギャンブルに使ったことがわかれば、債務整理ができないこともあります。

たとえば自己破産を申請しても、破産はできても、返済はしなければならないということもあります。

カードローンは、ほしい物があるとか、生活費が不足しているなどのやむをえない場合に、自分で返済できる金額分だけを利用するようにしましょう。そして目的分だけ利用して後は返済する、これがカードローンの正しい利用方法といえます。

関連記事

このページの先頭へ