キャッシングやカードローンを利用してお金を借りるには

キャッシングやカードローンを申し込む時は、連帯保証人や担保物件は必要ありません。個人が50万円位までのお金を借りるには、収入があって、信用情報に事故や債務整理の情報がなければ大丈夫です。仕事をしていなくても、不動産を持っていて収入があるなどの場合は、返済ができるとみなされますので、申し込みができます。もちろん無収入の場合はダメですが、専業主婦は配偶者の名義で申し込むことができます。

申し込みに必要なのは、本人確認と収入証明の書類だけです。本人確認は免許証や保険証、パスポートなどで、収入証明は、会社員や公務員は給与明細、自営の人は確定申告書になります。窓口で申し込む時は、まず所定の用紙に必要事項を記入します。この時は間違いがないように気をつけ、他社からの借り入れがある場合は、それもきちんと記入しましょう。記入し終わると書類を添えて提出し、審査が終わるのを待ちます。

最近はネットからの申し込みも増えています。ネットからの場合は、金融機関の公式サイトにあるフォームに、所定の事項を入力して送信し、書類はFAXまたはアプリで送ります。審査の結果はメールで通知されます。通った時は、借り入れたお金を口座に振り込んでもらえますので、専用のATMまで行く必要はありません。


このページの先頭へ